2014年02月25日

低体温症

朝の情報番組で ご高齢者の低体温症をしていました。


家の中でも 低体温症になるというので 驚きました。


8日の朝…雪の朝だったと思いますが

仕事に行こうと 家を出ようとした時、義父から 「おかあさん、苦しがってるから すぐ来てくれ!」

と、あわてて車を走らせ、両親を乗せて 労災病院の救急へ。


義母が入った後も 次々と 急患さんが 運ばれて来ました。

その中に 低体温症らしき ご高齢の患者さんが いて からだが冷えて 眠気がするというのです。

家の中で なぜ 低体温症になるのかなぁ?と不思議でなりませんでした。


それが 今朝 理解できました。

寝ている間にも 体温が下がるらしいです。

冷たい室温の空気で呼吸すると 肺が冷えて、内臓も冷えてくるのだそうです。

適度な運動と 食事を きちんと取る事が大事らしいです。




義母は 低体温症ではないのですが…

年末に 姉を亡くなり、気が滅入っていて そんなストレスから 心電図に異常があり、検査入院し、退院した翌朝 また倒れたんです。

4姉妹の末っ子の義母。

2人 いなくなり 寂しさと 次は 自分かという不安も あるのでしょうね。

いつも元気なので 私、油断してました。

もっと 話しを聞いて 色々 共感してあげないと、と。

私と娘たちが 足を運び 他愛ない話しをしているだけで 顔に色がさし 笑うようになりました。


義母、心臓は大丈夫だと。あと10年くらいは大丈夫ですよ、と お医者さんに言われたそうです。


でも、気をつけてあげないと、と今回の事で 反省いたしました (-_-;)







この記事へのコメント
大変でしたね。

精神的なところは、大きいですね。

お義母さんが、楽しくなることが、こちらが楽しく過ごすことにも
つながると思うので、色々と、お話をする機会を増やせるのが、
いいですよね。

ヒヅキさんも、頑張りすぎないように。

では、では。
     森田b
Posted by 森田b at 2014年02月25日 23:53
低血糖状態になっても

震えがきたり

体温が下がったり

いろんな原因があります


ちゃんと食事をすることも大事ですよね

飴玉ひとつで

助かる場合もありますから


どうか
ご自愛もお忘れずに
Posted by どらちゃん at 2014年02月26日 17:18
森田bさん (^^)

ありがとうございます。

倒れたと 電話が来た時は 私も心臓バクバクして よく覚えていませんが…

これからは こんなことが また あるかもしれません。

なるべく、色々 話しをして 鬱な気分を貯めさせないように 気をつけます。

今は 元気を取り戻してくれたので 少し安心しました。
Posted by ヒヅキ at 2014年02月26日 22:17
どらちゃん (^^)

そうなんですか。そんな事もあるんですね…

寒気と眠気、低血糖、という症状もあるんですね…

救急は 怖かったです…まるでドラマの場面のようなセリフが聞こえます。




「お名前は?」「誕生日はいつかな?」

みんなが助かって、ここから家に帰れたら いいのにって 願ってました。

病気するのは ツラいです。私なんか 自分が病院で見てもらうのも イヤです。

実は 我慢しすぎて 大変な事になった事もあります。

これからは 自分の事も注意しつつ、両親の健康も注意しながら 見守りたいです。

ありがとうございました。
Posted by ヒヅキ at 2014年02月26日 23:24
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。