2012年08月29日

怖い話し

これは、うちのパパちゃんが 沖縄に単身赴任していた時に パパちゃんが体験した実話です‥



仕事のため3人で沖縄北部に車で行き 帰って来る途中での出来事だったらしいです。



休憩するため、恩納村あたりで車を止め、缶コーヒーを買い 道から海に降り 海を見ながらコーヒーを飲んでいると‥




もう夕方で辺りは薄暗いというのに、人が海に入って行くのが見えたのだそうです。


それは、子供だったらしいです。



「あ、海に入っていくわ‥」と思いながらコーヒーを飲んでいたらしいです。パパちゃんには、それが何なのか 気付いていたようで‥



休憩を終えて 車に戻り、那覇に向けて車を走らせるはずが(運転はパパちゃん) 今走ってきた道を北に向かって戻って行ってしまったようなのです‥




ここからは、パパちゃん本人は記憶になく、車に一緒に乗っていた2人が言うのには



「帰らなきゃ‥帰らなきゃ‥」



そう言いながら、すごいスピードで車を走らせたのだそうです。


「なんだか様子がおかしい!」 そう思った2人は、なんとかして車を止め、パパちゃんと運転を交代し、無事に戻れたという事でした。



記憶になく、気が付いた時は すごい頭痛だったといいます。



休憩の時に見た 海に入って行った子供に 憑依されたのでしょう。



ちょうどお盆だったので、その子供が帰りたかったのでしょうね‥そう考えると、なんとも切ない話しです。



でも‥何にもしないで憑いてたものが よく離れてくれたんだねぇ‥


もし、そのまま北へ走り続けていたら どこへ行ったんだろう‥


もしかしたら、あの世に 連れて行かれたかもしれない‥そう思うと 今もこの話しを思い出すと怖くなります。



時々 そういう物を見てしまったり、足をつかまれたり、という事があるようでした。最近はないみたいですが‥



沖縄での この出来事は 体験してから 怖すぎて 私達家族にも 中々話せなかったようです。



本当に怖い話しだけど、たまたま目撃してしまったパパちゃんの体を借りてまでも 家に帰りたい一心の子供の気持ちを思うと 心がキューンとなります(;_;)




パパちゃんがお盆の沖縄で体験した「ほん怖」でした‥









タグ :ほん怖沖縄


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。